バベルの塔 : ドイツ民主共和国の思い出

ハンス・マイヤー 著 ; 宇京早苗 訳

ドイツ民主共和国の「悲惨の40年」を回想し、さまざまな事件や人との出会い、政治と文学にかかわる人々の葛藤を描き、スターリン体制下の心理と病理を鋭く抉り出すとともに、<バベルの塔>崩壊後の希望の原理をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 言葉は単語になる
  • 2 兄弟よ、さあ手を取り合おう
  • 3 ヴィルヘルム・ピークとオットー・グローテヴォール
  • 4 自由ドイツ青年団
  • 5 1953年6月17日
  • 6 ヨハネス・R.ベッヒァー
  • 7 運命を決した年1956年
  • 8 ウルブリヒトと彼の協力者たち
  • 9 追憶ハンナとクルト
  • 10 バベルの塔の作家たち
  • 11 ウーヴェ・ヨーンゾン、東ドイツを語る
  • 12 円卓の騎士たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バベルの塔 : ドイツ民主共和国の思い出
著作者等 Mayer, Hans
宇京 早苗
マイヤー ハンス
書名ヨミ バベル ノ トウ
書名別名 Der Turm von Babel

Baberu no to
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.2
ページ数 291, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4588021427
NCID BN08715202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93028303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想