法律  上

プラトン 著 ; 森進一 ほか訳

対話の舞台は地中海クレテ島。ゼウスの社への参詣の道すがら、「アテナイからの客人」ら三人が国制と法律について論じる。最善の国家についての理念を提示した『国家』に対し、本書では「現実にあるべき国家」の具体的な法律・制度全般について自由で大胆な提案を行う。プラトン最晩年の著作で、最大の長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法律
著作者等 Plato
加来 彰俊
森 進一
池田 美恵
プラトン
書名ヨミ ホウリツ
書名別名 Пλατωνοσ νομοι
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.2
ページ数 490p
大きさ 15cm
ISBN 4003360206
NCID BN08710242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想