脳と心のメカニズム

本間三郎 著

心とは何か。意識とは、思考とは、記憶とは何か。未熟な脳で生まれた無垢の人間は、5ヵ月もすると急激に変貌する。刺激‐反応による本能的・機械的行動にとどまらない選択的・自発的活動を示す。「意思」による高級な行動。この人間にのみ特有の脳機能の中枢に位置するのが神経細胞‐ニューロンである。本書はニューロンの電気現象の解明という物理学的アプローチから、人体究極の謎「脳と心」に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳を知る
  • 第2章 脳のメカニズム
  • 第3章 運動のしくみ
  • 第4章 知覚について
  • 第5章 記憶とはなにか
  • 第6章 思考にせまる
  • 第7章 意識をさぐる
  • 第8章 人間の脳形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と心のメカニズム
著作者等 本間 三郎
書名ヨミ ノウ ト ココロ ノ メカニズム
書名別名 No to kokoro no mekanizumu
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.2
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 406159060X
NCID BN08700442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想