日本語表現の流れ

阪倉篤義 著

日本語は、古代から現代にかけて何段階かの大きな変容をとげた。本書は日本語の動態を語彙・条件表現・疑問表現・「係り結び」の諸側面で洞察し、変化の要因として、各時代の人々の思考、意思伝達の態様に注目する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 語彙の変遷
  • 条件表現の変遷
  • 疑問表現の変遷
  • 「係り結び」の成立と変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語表現の流れ
著作者等 阪倉 篤義
書名ヨミ ニホンゴ ヒョウゲン ノ ナガレ
書名別名 Nihongo hyogen no nagare
シリーズ名 岩波セミナーブックス 45
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.2
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 4000042157
NCID BN08700078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93063141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想