日本外交の軌跡

細谷千博 著

地球的視野の拡大と成熟した外交には何が必要か。国際社会に仲間入りした明治以降から今日までの「歴史としての日本外交」の辿った航跡を俯瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代日本外交の展開(国際社会の平等な一員を目指して
  • 二つの大戦争
  • 帝国主義列強への仲間入り
  • 第1次大戦とパリ講和会議
  • ロシア革命と共同干渉
  • ワシントン体制と幣原外交
  • 満州事変と国際的孤立
  • 国際体制の現状打破
  • 太平洋戦争の破局
  • 敗戦・占領・講和)
  • 第2部 戦後日本外交の構図(日米関係
  • 日ソ関係
  • 日本と中国
  • 日本とアジア諸国
  • 沖縄返還と日米経済摩擦
  • 日本と西ヨーロッパ、EC
  • 1990年代の日本外交の進路)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本外交の軌跡
著作者等 細谷 千博
書名ヨミ ニホン ガイコウ ノ キセキ
書名別名 Nihon gaiko no kiseki
シリーズ名 NHKブックス 663
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1993.2
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4140016639
NCID BN08700012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93062550
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想