最新登山技術

A.A.マレイノフ 著 ; 安川茂雄, 匹田軍次 訳

[目次]

  • 目次
  • 著者のことば
  • 訳者まえがき--本書をよむ人のために
  • 登山技術とは / p19
  • 登山者の養成と指導 / p25
  • 指導のシステム / p25
  • 養成におけるリーダーの役割 / p28
  • 訓練の計画と組織化 / p35
  • トレーニング / p40
  • 一、 準備期間のトレーニング / p42
  • 二、 基本期間におけるトレーニング / p46
  • 山における危険と遭難を防ぐ方法 / p81
  • 危険の分類とその相互関係 / p81
  • 一、 落石 / p84
  • 二、 氷雪崩(崩壊) / p90
  • 三、 雪庇くずれ / p92
  • 四、 雪崩 / p95
  • 五、 形態からみた雪崩の型 / p109
  • 天候の型と雪崩の危険にたいする影響 / p110
  • 雪崩の危険と斜面の形態および谷の形との関係 / p111
  • 雪崩の危険があるところを通過するときの原則 / p113
  • 雪崩に襲われた登山者の行動 / p115
  • 溪谷での危険 / p116
  • 登山を複雑にする諸要因 / p119
  • 登山者の準備不足からくる危険 / p134
  • 山での遭難の原因 / p140
  • 確保技術の基本 / p145
  • 確保の一般的概念 / p145
  • 確保にかかる落下の力 / p150
  • 墜落の種類 / p154
  • ザイルとその結び方 / p157
  • 一、 ザイルの性質 / p157
  • 二、 結び方 / p161
  • 確保のいろいろなやり方 / p169
  • 進行中におけるザイルの使用 / p187
  • 岩登り技術 / p205
  • 岩場地形の基本形 / p207
  • 岩登りの基本原則 / p222
  • 岩場における確保のやり方 / p226
  • 氷雪技術 / p239
  • 氷河地形の基本形 / p242
  • ルートの選択と氷上を歩行する基本原則 / p245
  • 氷斜面を歩行する基本原則 / p250
  • アイゼンをつけない氷上の歩行 / p254
  • アイゼンをつけての氷上の歩行 / p255
  • 氷上での確保のやり方 / p263
  • 万年雪上と雪上を歩む技術 / p271
  • 雪の表面の性質 / p274
  • 万年雪と雪の上を歩行する原則 / p277
  • 雪上の確保のやり方 / p286
  • 登山の企画と実践 / p297
  • 登山の準備 / p297
  • 登山の一般的基礎 / p306
  • 登山戦術のいくつかの特質 / p321
  • ビバークのやり方 / p333
  • 遭難における救援の実際 / p345
  • パーティの組織と活動 / p345
  • キャンプの救援隊 / p347
  • 救援隊の予防活動 / p348
  • パーティの構成とそのトレーニング程度の点検 / p349
  • 登山コースについての知識の点検 / p350
  • 装備の状態の点検 / p353
  • 健康の管理 / p356
  • 食糧の管理 / p357
  • パーティ間の連絡と安全の相互管理 / p358
  • 連絡手段 / p360
  • 捜索活動 / p361
  • 救援作業 / p362
  • 運搬作業 / p363
  • 登山用語集 / p378

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 最新登山技術
著作者等 Maleinov, A. A
匹田 軍次
安川 茂雄
長越 茂雄
A.A.マレイノフ
書名ヨミ サイシン トザン ギジュツ
書名別名 Saishin tozan gijutsu
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 1959
ページ数 378p 図版
大きさ 19cm
NCID BN08696006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59001531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想