法的空間 : 強制と合意の狭間で

田中成明 著

本書は、現代社会における法の位置と役割を、公正な手続的状況のもとでの自主的交渉と理性的議論による行動調整フォーラムとして、対話的合理性基準の法的観点からの「制度化」とみる知的地平でとらえることによって、法動態への相互主体的視座の確立を試みた論文集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代社会における法の位置と役割(法をどうみるか-法動態への相互主体的視座の確立をめざして
  • 法的空間-強制と合意の狭間で
  • 社会制度の倫理-法的空間の背景的正義)
  • 2 強制的命令システムから議論フォーラムへ(法における強制の特質と位置
  • 法的思考とイデオロギー-法的空間の構成原理
  • 法的空間の知的地平-法的議論と裁判手続の理解をめぐって
  • 現代裁判の役割とその正統性-実体的正義と手続保障)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法的空間 : 強制と合意の狭間で
著作者等 田中 成明
書名ヨミ ホウテキ クウカン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1993.2
ページ数 299, 6p
大きさ 22cm
ISBN 413031145X
NCID BN08691647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93025543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想