日本型経営システムの功罪

吉田和男 著

日本の企業経営はどこが優れているか。改善すべき問題点は何か。日米欧・資本主義国間競争の核心を本格的に分析。アメリカ、ヨーロッパ現地取材で新たな動きを活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 再考迫られる日本型経営システム
  • 第2章 日本型経営システムのメリット・デメリット
  • 第3章 アメリカ経済との比較
  • 第4章 ドイツ経済との比較
  • 第5章 経済システムの差異が生む摩擦
  • 第6章 日本型経営システムの考え方
  • 第7章 日本型経営システムの改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本型経営システムの功罪
著作者等 吉田 和男
書名ヨミ ニホンガタ ケイエイ システム ノ コウザイ
書名別名 Nihongata keiei shisutemu no kozai
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1993.3
ページ数 220, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4492391703
NCID BN08691432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93025602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想