エスニシティの社会学 : 日本社会の民族的構成

中野秀一郎, 今津孝次郎 編

本格的な国際化時代を迎えた今、「日本社会と外国人・異民族、日本文化と異文化」という古くて新しいテーマに社会学的な視点から迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エスニシティ問題の現在(都市国際化と「民族関係」
  • 外国人労働者と都市下層
  • 留学生
  • インドシナ難民-姫路定住促進センターの経験を通して考える)
  • 2 日本社会とエスニシティへの視角(近代日本のエスニシティ観-新聞の朝鮮<人>報道を手掛かりに
  • 日本における外国人労働者論議の"死角"
  • 在日朝鮮人研究における<実践倫理>の要請
  • 多言語性と多文化性
  • 異人・非人・外人・人間-日本人のウチとソト)
  • 3 日本におけるエスニシティの社会学に向けて(人権と市民権の新しい問題領域
  • 定住マイノリティのアイデンティティと権利-ヨーロッパの視点から
  • 国家・言語・宗教・慣習-東南アジアからの視点
  • エスニシティの社会学に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エスニシティの社会学 : 日本社会の民族的構成
著作者等 Maher, John Christopher
中野 秀一郎
今津 孝次郎
前田 成文
原尻 英樹
宮島 喬
山中 速人
清野 正義
田中 宏
谷 富夫
青木 秀男
馬越 徹
書名ヨミ エスニシティ ノ シャカイガク
書名別名 Esunishiti no shakaigaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1993.2
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 4790704505
NCID BN08657365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想