学校の怪談

常光徹 著

共同体の語りの場を母体として成長してきた口承文芸は、今日転換期を迎えている。本書は、子どもたちの伝承世界にひろがる学校を舞台にした怪談話や現代の<はなし>を中心に、その民俗学的背景と意義を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世間話(学校の怪談
  • 現代の<はなし>
  • 世間話の周辺)
  • 2 昔話(構造と形態
  • フィールドから
  • 伝説の背景
  • 俗信の世界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校の怪談
著作者等 常光 徹
書名ヨミ ガッコウ ノ カイダン
書名別名 口承文芸の展開と諸相
シリーズ名 Minerva 21世紀ライブラリー 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1993.2
ページ数 403p
大きさ 20cm
ISBN 4623022528
NCID BN08641569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想