裁判官と学者の間

伊藤正己 著

裁判官と学者という二重の鏡に映し出された最高裁判所の姿を綴るとともに、第三小法廷において発表し反響を呼んだ自身の"少数意見"をまとめあげた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 裁判官と学者の間-在官10年を回顧して感じたことの覚え書(最高裁判事に任命されて
  • 裁判官の生活
  • 理論と裁判
  • 判例の尊重
  • 少数意見制
  • 憲法裁判)
  • 第2部 私の少数意見(憲法
  • 公職選挙法
  • 租税法
  • 行政訴訟
  • 労働法
  • 民事法
  • 刑事訴訟法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁判官と学者の間
著作者等 伊藤 正己
書名ヨミ サイバンカン ト ガクシャ ノ アイダ
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.2
ページ数 394p
大きさ 20cm
ISBN 464102698X
NCID BN08627309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93025573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想