友情論

フランチェスコ・アルベローニ 著 ; 泉典子 訳

「エロティシズム」から「友情論」へ。恋愛より自由で家族愛より軽やかな友情。『エロティシズム』の著者が、共感しあえる友を持つ喜びを語り、男同士、女同士そして男女間の新しい<愛>のあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 友情とはどんな愛情か
  • 2 出会い
  • 3 つねに現在の関係
  • 4 エロスの倫理的な形態
  • 5 偏愛
  • 6 独立した2人の対等の関係
  • 7 友情は2人だけのものか
  • 8 恋愛は友情に移行できるか
  • 9 友情と連帯感
  • 10 似て非なるもの
  • 11 恩人と友人
  • 12 友情とエロティシズム
  • 13 マイナスの感情のない関係
  • 14 友情を許容しないもの-組織と市場
  • 15 友情が育つ場
  • 16 精神的友情
  • 17 家族的友情
  • 18 友情と肉親の愛

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 友情論
著作者等 Alberoni, Francesco
泉 典子
アルベローニ フランチェスコ
書名ヨミ ユウジョウロン
書名別名 Yujoron
出版元 中央公論社
刊行年月 1993.1
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 4120021815
NCID BN08617021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93029720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想