ノイズ・ウォー : ノイズ・ミュージックとその展開

秋田昌美 著

ノイズとサブリミナル効果、「無音」レコード、メール・ミュージックの展開-。胎動期からその進化・波及のさままでを冷徹に凝視し、ノイズの言説化に挑む初のノイズ・ミュージック論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コントロールとパワーの音楽
  • 2 パワー・エレクトロニクスの夜明け
  • 3 バイオニック・ノイズ
  • 4 メール・ミュージックと地下ラジオ・ネットワーク
  • 5 音のディストラクト
  • 6 サブリミナル・ノイズの犯罪
  • 7 ノイズ・エレクトロニクス史観
  • 8 モホリ・ナギとレコードの破壊
  • 9 アンタイ・レコーズ
  • 10 ノイズ・ネットワーク1990‐91
  • 11 ノイズとキッチュ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノイズ・ウォー : ノイズ・ミュージックとその展開
著作者等 秋田 昌美
書名ヨミ ノイズ ウォー
書名別名 Noizu uo
出版元 青弓社
刊行年月 1992.12
ページ数 225, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4787270354
NCID BN08613279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想