大諸礼集  1

島田勇雄, 樋口元巳 校訂

小笠原流は本来男子の礼法である。室町後期〜江戸初期に形を整えてきた武家の礼儀作法の代表的な写本を、江戸時代に刊行したのが本書である。「書礼の次第」「元服の次第」や「嫁入りの次第」「万躾の書」などを含む。人を敬い思いやる心、合理的な身のこなしが貫かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書礼
  • 書礼註
  • 請取渡
  • 酌之書
  • 通之書
  • 元服書
  • 万躾書
  • 公武沙汰
  • 嫁入次第
  • 聞書秘伝
  • 万秘伝書
  • 三議一統

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大諸礼集
著作者等 島田 勇雄
樋口 元巳
書名ヨミ ダイショレイシュウ
書名別名 小笠原流礼法伝書

Daishoreishu
シリーズ名 東洋文庫 561
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 1993.2
ページ数 318p
大きさ 18cm
ISBN 4582805612
NCID BN08609544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93035909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想