演劇の魅力

小畠元雄 著

ドイツの歌劇場で居合わせたヒットラーの姿、関東大震災のため関西に廻った、東京役者の生気あふれる舞台、小山内薫・菊池寛ら教えを受けた人物たち-。得難い見聞をもとに、明治から昭和初期に至る日本と西洋の演劇を、美学者の豊かな目で説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 東西芝居印象記
  • 第2部 西洋人の目から見た日本劇
  • 第3部 関東大震災後の関西劇界
  • 第4部 演劇の諸先生
  • 第5部 エヴレイノフの演劇性について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇の魅力
著作者等 小畠 元雄
書名ヨミ エンゲキ ノ ミリョク
書名別名 明治・大正・昭和の東西演劇
出版元 臨川書店
刊行年月 1992.11
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4653025150
NCID BN08602647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93019137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想