川端康成 : 後姿への独白

岩田光子 著

[目次]

  • 目次 / p2
  • I
  • 川端康成の文芸評論 / p3
  • 初期の月評 / p3
  • 「文芸時代」創刊の前後 / p18
  • 短編小説論を中心として / p34
  • 横光利一のこと / p48
  • 文芸復興のころ / p61
  • 「文学の嘘について」 / p72
  • 岡本かの子論 / p82
  • 随筆的文芸論 / p92
  • 新人発掘家として / p106
  • その傾向と特色 / p118
  • II
  • 川端文芸の世界 / p133
  • 非情の美学-後姿への独白- / p144
  • 「美しい日本の私-その序節-」について / p154
  • 新感覚派と川端康成-「文芸時代」創刊の意義- / p169
  • 世界文学と川端康成 / p180
  • III
  • 「水晶幻想」再論-「機械」との関連性において- / p193
  • 「抒情歌」考 / p203
  • 「雪国」論-その人物像を視点として- / p217
  • 「千羽鶴」における美意識と魔界 / p233
  • 「眠れる美女」の主題 / p246
  • 「片腕」の作品様式 / p261
  • 「髪は長く」小論 / p271
  • IV
  • 川端康成と横光利一-その序説- / p285
  • あとがき / p313
  • 所収論文初出一覧 / p314

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 川端康成 : 後姿への独白
著作者等 岩田 光子
書名ヨミ カワバタ ヤスナリ : ウシロスガタ エ ノ ドクハク
出版元 ゆまに書房
刊行年月 1992.9
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 489668642X
NCID BN08599699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93016534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想