日本の景観

樋口忠彦 著

どの人にも共通して好ましいと感じられる日本の風景を「水の辺」と「山の辺」、さらに「八葉蓮華」型景観、「隠国」型景観、「蔵風得水」型景観などいくつかの典型にさかのぼり、風景が包含する精神的また空間的な特性を、文学作品や絵画を引用しつつ細かく考察する。さらに日本の景観とヨーロッパの景観を比較検討するとともに、日々変化し続ける現代の都市に生き生きとした棲息地景観を作っていくための道を探る、景観工学の代表作。サントリー学芸賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の景観(盆地の景観
  • 谷の景観
  • 山の辺の景観
  • 平地の景観
  • 日本の景観の原型)
  • 第3章 生きられる景観(美しい景観と生きられる景観
  • 自然の景観と生きられる景観
  • 都市の自然と生きられる景観
  • 都市の景観と生きられる景観)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の景観
著作者等 樋口 忠彦
書名ヨミ ニホン ノ ケイカン
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1993.1
ページ数 291p
大きさ 15cm
ISBN 4480080341
NCID BN08588808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想