癌の進化論

奥山信一 著

本書は、癌細胞の成り立ちや実態を進化論的に捉えて、癌の本質的理解に近づこうと試みたものである。すなわち、発癌の機構を時間を追って比較検討するとともに、それに対する予防、診断、治療などの面からも考察して、それらを進化という観点から総合的に理解することを試みている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 癌とは、なにか
  • 2 癌の進化論序論-細胞進化に続くものは
  • 3 発癌のしくみ、発癌予防のしくみの進化
  • 4 癌の診断-その進化論的背景
  • 5 進化論と臨床医学の再構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 癌の進化論
著作者等 奥山 信一
書名ヨミ ガン ノ シンカロン
書名別名 Gan no shinkaron
出版元 培風館
刊行年月 1992.12
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 456307702X
NCID BN08580657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93016159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想