読史百話

喜田貞吉 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 神の位階 / 1
  • 八幡宮の託宣 / 10
  • 神宮と神社 / 15
  • 常世神と福徳神 / 23
  • 志多羅神 / 26
  • 犬神 / 30
  • わにの神話 / 34
  • 従五位下双岡の東墳 / 39
  • 平安京繁花の東漸 / 43
  • 平安朝官兵の無力 / 49
  • 東国人の武勇 / 54
  • 奈良朝人富を東国に求めんとす / 59
  • 関東と関西 / 60
  • 坂東と山東 / 73
  • 中国 / 85
  • 四国辺土 / 91
  • 伊勢屋稲荷に犬の糞 / 93
  • 人間言葉 / 99
  • ア韻の地名 / 105
  • 牟礼と云ふ地名 / 109
  • 多武峰の名義に関する俗説 / 112
  • 住吉・日吉の訓 / 118
  • 道後の湯 / 120
  • 隠岐の道前・道後 / 123
  • みもすそ河 / 126
  • 日光と宇都宮の名義 / 129
  • 安達が原の黒塚 / 137
  • 津軽及び渡島の所属 / 142
  • 藤原氏の名義 / 145
  • 古史に「八」と云ふ数 / 148
  • 屋敷と百敷、八重垣と九重 / 155
  • 墳墓と墓碑 / 158
  • 塚墓築造の大工事 / 163
  • 桧隈大内陵 / 169
  • 石棺と石槨 / 175
  • 陵墓と城郭 / 182
  • 陵墓の誤認 / 185
  • 大石の運搬 / 190
  • 雨の禁獄・郭公の獄舎 / 194
  • 夢の売買と虹の売買 / 195
  • 算盤の幻術 / 196
  • 日本第一の大天狗 / 199
  • 疫病神を西の海に流す / 201
  • 三日の大納言・三日の中納言 / 204
  • 山階道理 / 207
  • 漢様の輸入 / 211
  • 美濃の怪魚 / 214
  • 身焼上人 / 215
  • 呉をクレといふ事 / 218
  • 倭王武の上表文といふもの / 221
  • 呉橋と唐橋 / 227
  • 秦氏の富有 / 231
  • 権勢家と富豪との縁組 / 237
  • 聖徳太子を恵思禅師の後身なりといふ事 / 243
  • 弘安役の生還者 / 252
  • 三善清行の意見封事 / 259
  • 女のみの戸籍 / 267
  • 古代の家族関係と戸内の口数 / 276
  • 神代に行はれたる所刑とアイヌの刑罰 / 285
  • 朝政 / 287
  • 徳政-政府の社会主義 / 291
  • 諸国に守護を置き荘園に地頭を置くと云ふ事 / 294
  • 地頭の配置に関する通俗の誤解の一二 / 300
  • 坂東武者の無学 / 305
  • アイヌの射術 / 307
  • 千島土人と日の本蝦夷 / 310
  • 樺太の名義 / 316
  • 日高見国と日高見川 / 322
  • 安倍氏は蝦夷の酋長 / 325
  • 夷人藤原秀衡 / 334
  • 前九年後と後三年役 / 337
  • 柑子と橘 / 344
  • 大井川の徒渉 / 347
  • 河水の量に古今の相違ある事 / 351
  • 白鳳年間に於ける土佐海岸の陥落 / 354
  • 筑前糸島郡の地変 / 357
  • 戦国時代の通行税 / 366
  • 地獄 / 368
  • 地獄網 / 373
  • 余白録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 読史百話
著作者等 喜田 貞吉
書名ヨミ ドクシ ヒャクワ
書名別名 Dokushi hyakuwa
出版元 三省堂
刊行年月 明45.7
ページ数 376p
大きさ 19cm
NCID BN08578826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40012496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想