英語イントネーションの構造

笠原五郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 序説 / p1
  • 1. イントネーションの役割 / p1
  • 2. イントネーションの意味 / p3
  • 3. イントネーションの研究 / p4
  • 第2章 英語イントネーションの構造 / p8
  • 1. イントネーション型線(intonation contour) / p8
  • a. 調子水準(pitch level) / p10
  • b. 型線基点(contour point) / p10
  • c. 主型線(primary contour) / p11
  • d. 本来強勢(innate stress)を受ける音節 / p14
  • e. 前型線(precontour) / p17
  • f. 総型線(total contour) / p18
  • 2. 休止(pause) / p18
  • 3. リズム(rhythm) / p21
  • a. 単一リズム単位(simple rhythm unit) / p21
  • b. 複合リズム単位(complex rhythm unit) / p23
  • c. 弱リズム単位(weak rhythm unit)と省略リズム単位(curtailed rhythm unit) / p25
  • d. 強勢リズム単位(stress‐timed rhythm unit)と音節リズム単位(syllable‐timed rhythm unit) / p26
  • e. イントネーションの途切れ(intonation break) / p29
  • 4. 強勢(stress) / p31
  • a. 本来強勢,特別強勢,強調強勢 / p31
  • b. 多音節語・複合語の強勢 / p35
  • 第3章 イントネーション型線とその意味 / p41
  • 1. 主型線 / p41
  • a. 調子水準4に降る型線 / p41
  • b. 調子水準3に降る型線 / p45
  • c. 調子水準3から昇る型線 / p48
  • d. 調子水準4から昇る型線 / p52
  • 付加疑問に用いる型線 / p55
  • e. 調子水準2から1へ昇る型線と1から2へ降る型線 / p56
  • f. 平調型線 / p57
  • 2. 前型線 / p59
  • a. 平調前型線 / p60
  • b. スラー前型線 / p61
  • 3. 英語と米語のイントネーション / p65
  • 第4章 表記法 / p69
  • 第5章 英語教授への応用 / p74
  • 1. 教授に用いる型線の種類 / p74
  • 2. イントネーションの決定と表記 / p78
  • 3. リズムの捕え方 / p93
  • 4. リズム習得上の注意 / p96
  • 表記実例集 / p99
  • 1. Basic Sentences / p101
  • 2. Morning at the Robinsons / p103
  • 3. Hawthorne / p104
  • 4. The Power of Music / p105
  • 參考書 / p108
  • 索引 / p110

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英語イントネーションの構造
著作者等 笠原 五郎
書名ヨミ エイゴ イントネーション ノ コウゾウ
出版元 開拓社
刊行年月 1956
ページ数 115p
大きさ 19cm
NCID BN08571860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57000442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想