木炭

樋口清之 著

炭の起源から炭焼、流通、経済、文化にわたる木炭の歩みを歴史・考古・民俗の知見を総合して描き出し、かつてわが国の重要なエネルギー源として、また独自で多彩な文化を育んできた木炭の尽きせぬ魅力を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本文化と炭(火と文化のおこり
  • 炭はどうして起こったか
  • 炭は何に使われたか
  • 炭はどのように造られたか
  • 文化のあゆみと炭 ほか)
  • 第2部 木炭史話(木炭のおこり
  • 日本最古の炭
  • 神武天皇と炭
  • 炭と埋葬
  • 備中屋長左衛門 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 木炭
著作者等 樋口 清之
書名ヨミ モクタン
書名別名 Mokutan
シリーズ名 ものと人間の文化史 71
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1993.2
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4588207113
NCID BN08570959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93030235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想