日本の民具

日本常民文化研究所 編

[目次]

  • 目次
  • 民具について 岡正雄 / 9
  • 一 民俗學の對象 / 9
  • 二 物質文化とは何か / 15
  • (1) 觀念的な型としての道具 / 15
  • (2) 技文化 / 17
  • (3) 仕事 / 17
  • (4) 道具の組み合せ / 18
  • (5) 技術文化の累積性 / 20
  • 三 物質文化硏究の意義 / 21
  • (1) 人類と文化との關係 / 21
  • (2) 物質文化と人類文化史 / 22
  • (3) 物質文化と種族系譜史 / 23
  • (4) 物質文化と經濟・社會的關係 / 25
  • (5) 物質文化と科學 / 26
  • 四 民具の硏究 / 27
  • 日本の民具硏究沿革 櫻田勝德 / 29
  • 一 民具硏究の問題點 / 29
  • 二 民具の需給 / 32
  • 三 アチック・ミューゼアムと民具硏究 / 37
  • 四 戰後の硏究 / 46
  • 民具調査と民具記載 小川徹 / 49
  • 一 民具記載の一方法 / 50
  • 二 民具記載の一例 / 54
  • 民具と繪畫 遠藤武 / 65
  • 一 繪畫と民具史 / 65
  • 二 繪畫と民俗 / 72
  • 衣 遠藤武 / 79
  • 庶民の染色 後藤捷一 / 99
  • 一 植物纖維 / 99
  • 二 紡織 / 103
  • 三 縞柄 / 106
  • 四 染料 / 113
  • かぶりもの(被り物) 宮本馨太郞 / 121
  • 履物 宮本馨太郞 / 129
  • 背負い梯子 礒貝勇 / 139
  • 一 物を運ぶということ / 139
  • 二 背負い運搬と背負う力 / 140
  • 三 背負い運搬具のいろいろ / 144
  • 四 背負い梯子の構造と形式 / 147
  • 五 背負い梯子の呼名 / 156
  • 六 運搬具研究の問題點 / 160
  • 作業結び 額田巖 / 165
  • 火・家具 宮本馨太郞 宮本常一 / 185
  • 食器 宮本常一 / 205
  • 一 調理用具 / 206
  • 二 飲食用具 / 217
  • 吐噶喇列島の民具 早川孝太郞 / 225
  • 地方における農具の變遷 吉田三郞 / 233
  • 民具と山村生活 竹內利美 / 245
  • 一 鍬柄をつくる村 / 245
  • 二 ヘラをうつ村 / 251
  • 三 民具と山村生活 / 254
  • 現存漁船資料による日本の船の發達史への接近の試み 櫻田勝德 / 257
  • 一 序 / 257
  • 二 現存資料により考えられる船の發達序列 / 263
  • 三 補足-操縱方法のことなど / 276
  • あとがき / 279

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の民具
著作者等 日本常民文化研究所
書名ヨミ ニホン ノ ミング
書名別名 Nihon no mingu
出版元 角川書店
刊行年月 1958
ページ数 279p 図版
大きさ 19cm
NCID BN08565096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想