役者は勘九郎 : 中村屋三代

関容子 著

父・勘三郎への想いを胸に、勘太郎・七之助の親として至芸への道を歩む勘九郎を通して、華やかな桧舞台とその裏の厳しい修業の世界を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 連獅子3代
  • 髪結新三楽屋ばなし
  • 兄は勘太郎弟は七之助
  • 兼ねる役者
  • 花小袖
  • 名馬
  • 名優市川注射
  • 四郎五郎と助五郎
  • 小山三のこと
  • お七のような女たち
  • 四谷怪談初日前
  • 吉右衛門と蕎麦
  • 御意見番弥五郎
  • 昔ごころ芝居ごころ
  • 衣裳と小道具
  • カメラマンの芸談 口番の芸談
  • 養成課出身の弟子たち
  • 結婚まで
  • そして中座の夏祭

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 役者は勘九郎 : 中村屋三代
著作者等 関 容子
書名ヨミ ヤクシャ ワ カンクロウ
出版元 文芸春秋
刊行年月 1992.12
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4163470301
NCID BN08555387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013724
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想