教会から国家へ : 古相のヨーロッパ

山田欣吾 著

本書は、宗教と政治の未文化な古相ヨーロッパの秩序構造を明快につかみ出すとともに、世俗化過程への決定的転期たる叙任権闘争期に遂行された聖俗概念の分離とその国制史的表現を具体的に解明する。ヨーロッパ史の基本理解を本格的に問い直す、挑戦の論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教会から国家へ-「世俗化」過程としてのヨーロッパ国家形成史
  • 2 「教会」としてのフランク帝国-西ヨーロッパ初期中世社会の特色を理解するために
  • 3 カロリンガー時代の十分の一税
  • 4 西ヨーロッパ初期中世の修道院蔵書
  • 5 国王・大公・教会-カロリンガー後期からオットーネン初期の国制をめぐって
  • 6 「ドイツ国」のはじまり-レーグヌム・テウトニクム概念の出現と普及をめぐって
  • 7 10-12世紀ドイツにおける太公領の展開-領邦国家成立史への予備的考察
  • 8 「叙任権闘争」とレガリア-パスカリス2世の特権状(1111年)を中心として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教会から国家へ : 古相のヨーロッパ
著作者等 山田 欣吾
書名ヨミ キョウカイ カラ コッカ エ
シリーズ名 西洋中世国制史の研究 1
出版元 創文社
刊行年月 1992.11
版表示 オンデマンド版
ページ数 398, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4423400111
NCID BC16612467
BN08552764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93017134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想