日本における近代国家の成立

E.H.ノーマン 著 ; 大窪愿二 訳

日本は明治維新から日露戦争までのわずか40年たらずの間に封建国家から近代国家へと急速に移行した。秀れた日本史研究家ノーマンはこの最初にして最も中心的な著作で、日本の近代化すなわち資本制創出の驚嘆すべきプロセスをあざやかな手際で分析・叙述している。遠山茂樹「ノーマン史学の評価の問題」を再録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治維新の背景
  • 明治維新
  • 明治初期における工業化
  • 土地改革とその社会的帰結
  • 政党と政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における近代国家の成立
著作者等 Norman, E. Herbert
大窪 愿二
ノーマン E.H.
書名ヨミ ニホン ニ オケル キンダイ コッカ ノ セイリツ
書名別名 Japan's emergence as a modern state
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.1
ページ数 380, 12p
大きさ 15cm
ISBN 4003343727
NCID BN08547538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93027062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想