バンコクの熱い季節

秦辰也 著

一人の日本人青年が青春の彷徨の末にボランティアとしてたどりついたバンコク。難民、環境破壊、貧困など東南アジアの矛盾が凝縮する都市スラムには目ざましい活動を続けるプラティープ女史の姿があった。二人はやがて恋におち結婚。そして暗転、92年5月、民主化を求めるデモと流血の弾圧の中へ…。真の国際協力とは何かを考えさせる貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バンコクの熱い季節(「天使」と呼ばれて-スラムの先生
  • バンコクの熱い季節
  • アジアに吹く風と共に
  • 21世紀に向かって-都市化とスラム問題
  • プラティープの思い)
  • 2 5月の赤い雨(5月・民主化への胎動
  • 民衆の覚醒
  • 血の弾圧
  • 身重の妻への配慮
  • タイの流血は何だったのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バンコクの熱い季節
著作者等 秦 辰也
書名ヨミ バンコク ノ アツイ キセツ
シリーズ名 同時代ライブラリー 134
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.3
ページ数 274p
大きさ 16cm
ISBN 400260134X
NCID BN08547298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93057944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想