自己教育の論理 : 主体形成の時代に

鈴木敏正 著

[目次]

  • 序章 なぜ現代自己教育か(社会教育の時代
  • 「主体形成の社会教育学」の提起)
  • 第1章 現代自己教育の論理と構造(社会教育の基本形態-「自己教育」原論
  • 相互教育の展開基盤
  • 現代的人格の陶冶と自己教育の構造
  • 社会教育実践と主体形成)
  • 第2章 健康学習における意識・自己意識の形成-長野県松川町の健康学習(健康学習と自己教育
  • 現代的人格の自己疎外と健康問題
  • 健康学習展開の論理
  • 健康学習と「意識そのもの」
  • 学習=生活実践と自己意識の形成
  • おわりに-健康学習の意義と限界)
  • 第3章 「地域づくり」の学習的編成と現代的理性-国分寺市もとまち公民館「農のあるまちづくり」講座(現代における理性の課題
  • 地域住民の主体形成と理性
  • 「農のあるまちづくり」講座の展開
  • 地域づくりと現代的理性の形成)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p9
  • はしがき / p3
  • 序章 なぜ現代自己教育か / p15
  • 第一節 社会教育の時代 / p16
  • 一 「危機の時代」は「主体形成の時代」 / p17
  • 二 社会教育の目的は主体的人格の形成 / p18
  • 三 自己疎外の理解なくして社会教育実践なし / p20
  • 四 地域に広がり深まる自己教育活動 / p22
  • 五 社会教育実践は未来に開かれている / p23
  • 第二節 「主体形成の社会教育学」の提起 / p26
  • 第三節 本書の課題と構成 / p39
  • 第一章 現代自己教育の論理と構造 / p45
  • 第一節 社会教育の基本形態-「自己教育」原論 / p46
  • 一 はじめに / p46
  • 二 近代的人格と自己教育論 / p48
  • 三 人格的諸関係の物象化と自己疎外 / p52
  • 四 社会教育諸形態の展開と自己教育 / p56
  • 五 おわりに / p60
  • 第二節 相互教育の展開基盤 / p63
  • 一 問題の所在 / p63
  • 二 近代化と相互教育 / p65
  • 三 現代教育批判と共生 / p70
  • 四 労働と相互行為 / p75
  • 五 間主体的関係と物象化・自己疎外-まとめにかえて / p81
  • 第三節 現代的人格の陶冶と自己教育の構造 / p89
  • 一 課題 / p89
  • 二 人格・自己疎外・自己教育・主体形成 / p91
  • 三 現代的人格の自己疎外と自己教育 / p97
  • 第四節 社会教育実践と主体形成 / p110
  • 第二章 健康学習における意識・自己意識の形成-長野県松川町の健康学習 / p117
  • 第一節 課題 / p118
  • 第二節 健康学習と自己教育 / p123
  • 第三節 現代的人格の自己疎外と健康問題 / p131
  • 第四節 健康学習展開の論理 / p142
  • 第五節 健康学習と「意識そのもの」 / p151
  • 一 無意識と学習必要 / p151
  • 二 感性的意識と「学習要求のほりおこし」 / p153
  • 三 知覚と実態把握 / p158
  • 四 悟性的認識と啓蒙主義的教育観 / p160
  • 第六節 学習=生活実践と自己意識の形成 / p165
  • 一 自己意識と「固有の自我」の形成 / p165
  • 二 欲求と「生活の論理」 / p168
  • 三 自己意識の自立と生活実践 / p171
  • 四 普遍的自己意識と集会活動 / p177
  • 第七節 おわりに-健康学習の意義と限界 / p182
  • 第三章 「地域づくり」の学習的編成と現代的理性-国分寺市もとまち公民館「農のあるまちづくり」講座 / p187
  • 第一節 課題 / p188
  • 一 地域づくりと社会教育実践 / p188
  • 二 「教養主義」を超えて-国分寺市の公民館活動をめぐって / p190
  • 三 自己意識から理性へ / p192
  • 第二節 現代における理性の課題 / p196
  • 一 「理性の諸要素の分裂」と現代的理性 / p196
  • 二 「晩期資本主義」における物象化と理性 / p199
  • 三 現代の理性を求めて / p202
  • 第三節 地域住民の主体形成と理性 / p207
  • 一 現代的人格の主体形成と理性 / p207
  • 二 地域住民と地域課題 / p210
  • 三 地域づくりと現代的理性の構造 / p213
  • 四 「疎外された労働」論の展開・拡充 / p217
  • 第四節 「農のあるまちづくり」講座の展開 / p222
  • 一「講座」を支えたもの / p222
  • 二「農」の意識化 / p226
  • 三 自己意識化から相互承認へ / p232
  • 四「講座」の性格とまちづくり / p235
  • 第五節 地域づくりと現代的理性の形成 / p239
  • A 環境としての地域と調査学習[観察的理性] / p240
  • B 地域活動と労働学習[好意的理性] / p247
  • C 協同活動と生産・分配学習[協同的理性] / p257
  • D 自治能力形成と地域生涯学習の計画化[公共的理性] / p264
  • 第六節 総括-理性から主体形成へ / p277
  • あとがき / p285
  • 初出一覧 / p287
  • 社会教育論の端緒範疇としての近代的人格-城戸主体形成論によせて-

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 自己教育の論理 : 主体形成の時代に
著作者等 鈴木 敏正
書名ヨミ ジコ キョウイク ノ ロンリ : シュタイ ケイセイ ノ ジダイ ニ
出版元 筑波書房
刊行年月 1992.11
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 4811901088
NCID BN08547287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93046186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想