ナチス裁判

野村二郎 著

ユダヤ人死者600万をはじめとする、史上最悪の戦争犯罪はいかになされたか?全世界からの囂々たる非難の中、ドイツはいかに自らを裁いたか?日本との比較は?10万におよぶ容疑者の追及、時効の壁との闘い、民間追跡者の執念、「上官の命令」と良心の問題など、法廷・議会で闘わされた激しい論争を通し、巨大な戦争犯罪とその裁きの全貌に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「決して忘れない」
  • 1 裁判はどのように行われるか
  • 2 ナチス戦争犯罪の実態
  • 3 ナチス追及とドイツの苦悩
  • 4 被害国による峻烈な処罰
  • 5 3人の追跡者
  • 6 ドイツと日本の戦争犯罪をみつめて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチス裁判
著作者等 野村 二郎
書名ヨミ ナチス サイバン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1993.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4061491326
NCID BN08546819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93021562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想