日本の近代美術  9

原田 光【編】

一口にいうと、1930年代は戦争の時代である。民族主義を高く掲げた時代である。この時代、<日本の油絵>を描きだすことを自覚的な目標にして、画家もまたそれぞれ自分の流儀をもって目標達成をこころみた。ヨーロッパ追従からかけはなれた<日本の油絵>、それがどんなあらわれかたをしたかということをみてみたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1930年代の画家たち
  • 梅原龍三郎<紫禁城>
  • 安井曽太郎<外房風景>
  • 前田寛治<棟梁の家族>
  • 長谷川利行<女>
  • 須田国太郎<早春>
  • 鳥海青児<信州の畠 1>
  • 児島善三郎<箱根>
  • 海老原喜之助<曲馬>

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の近代美術
著作者等 原田 光
書名ヨミ ニホン ノ キンダイ ビジュツ
書名別名 1930年代の画家たち
巻冊次 9
出版元 大月書店
刊行年月 1992.11
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 4272610392
NCID BN08528260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93008172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1930年代の画家たち 原田 光
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想