小津安二郎

浜野保樹 著

『東京物語』をはじめとする作品により今や海外においても巨匠の名をほしいままにし、没後30年を迎えてなおその評価を高めつつある小津。彼が表現しようとしたものは何だったのか。数多くの資料を縦横に駆使して、豊富なエピソードを交えつつ彼の生涯とその知られざる側面に肉薄し、技法を含めた小津映画と小津個人の本質を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生きる伝説
  • 第2章 芸術のことは自分に従う
  • 第3章 ちょくさい先生
  • 第4章 蓼科、鎌倉、そして大船
  • 第5章 映画には文法はない
  • 第6章 ストーリーのないドラマ
  • 第7章 俺は後でいい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小津安二郎
著作者等 浜野 保樹
書名ヨミ オズ ヤスジロウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.1
ページ数 226, 15p
大きさ 18cm
ISBN 400430265X
NCID BN08511632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93030339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想