男の座標軸 : 企業から家庭・社会へ

鹿嶋敬 著

過労死、残業、単身赴任のなか、まだまだ猛進する日本人。だがいま、長期休暇や年俸制等の導入、共働きの急増や男女関係の変化、夫・父親像の見直し、ボランティアへの参加等、既成の価値観を問い直す動きが生じている。20年余、企業戦士の企業・家庭での現状を取材してきた「日本経済新聞」の記者が、豊富なデータと共に送る最新報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 働き過ぎの構造
  • 2 出世街道を行く
  • 3 新しい働き方の模索
  • 4 意識を変える
  • 5 共働きの時代
  • 6 夫・父として生きる
  • 7 変わる男のライフスタイル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男の座標軸 : 企業から家庭・社会へ
著作者等 鹿嶋 敬
書名ヨミ オトコ ノ ザヒョウジク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.1
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4004302633
NCID BN08511381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93029968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想