占領下日本の教育改革政策

マーク・T.オア 著 ; 土持ゲーリー法一 訳

GHQ民間情報教育局にあって、戦後日本の教育改革の最高責任者として活躍した著者の、占領側から見た改革の成立と実施をめぐる実証的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 改革者たち 連合国占領期の日本の教育
  • 占領下日本の教育改革政策
  • 1章 日本の教育政策
  • 2章 日本政府による教育統制
  • 3章 教育改革機構
  • 4章 連合国の教育政策の目標
  • 5章 教育管理の地方分権化
  • 6章 教育政策の作成および実施方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領下日本の教育改革政策
著作者等 Orr, Mark Taylor
土持 ゲーリー法一
オア マーク・T.
書名ヨミ センリョウカ ニホン ノ キョウイク カイカク セイサク
書名別名 Education reform policy in occupied Japan
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1993.1
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 4472102412
NCID BN08502959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93020269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想