平安朝"元気印"列伝 : 『今昔物語』の女たち

山口仲美 著

この本は、『今昔物語集』の表現の魅力を掘りおこしながら、現代にも通じるたくましい女たちの話の数々を紹介したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あらぬ女をくどいた話-女が生き生き
  • 美女に一杯くわされた話-性の話がユーモラス
  • たった一人で子を産む話-独特の語り口
  • 女をおんぶして町中を行く話-事件がビジュアル
  • イガイガと赤児の泣く話-擬音語は欠かせない
  • 悪女の色香にしびれた話-事件が謎めく
  • お婆さんを信じればよかった話-事件がスピーディ
  • 自分の姿に仰天した話-動作で心を
  • なびかぬ女に焦がれ死ぬ話-事件がだんだん重大に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安朝"元気印"列伝 : 『今昔物語』の女たち
著作者等 山口 仲美
書名ヨミ ヘイアンチョウ ゲンキジルシ レツデン
シリーズ名 今昔物語 69
丸善ライブラリー 69
出版元 丸善
刊行年月 1992.12
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4621050699
NCID BN08490044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93017902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想