自然誌の終焉 : 18世紀と19世紀の諸科学における文化的自明概念の変遷

ヴォルフ・レペニース 著 ; 山村直資 訳

自然誌的思考から発生学的思考へ。18世紀から19世紀へ移行するヨーロッパ科学思想史において、伝統的な<自然誌>の時代が解体し近代諸科学に分化・発展する過程を、リンネ・ビュフォン、ダーウィンらの思想と方法および厖大な文献を引証し解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然誌の終焉-18世紀と19世紀の科学史における時間化と脱歴史(年代記の危機
  • 経験圧と時間化
  • 進歩の加速と克服
  • 自然誌と歴史との分離
  • 自然誌の時代
  • 自然誌から自然の歴史へ
  • 疾病記述から病歴へ
  • 自然への復帰-気象学と医学
  • ラヴォアジエの時代-定期刊行物
  • 科学の革命と政治の革命
  • 自然誌の延命)
  • 著者としての科学者-ビュフォンの微妙な名声(自然誌と文学
  • 文体批評
  • フランスのプリニウス
  • ビュフォンとリンネ
  • 貴族と動物学)
  • 正常と異常-19世紀における生命科学と社会科学の相互関係
  • 気質の変化と科学史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然誌の終焉 : 18世紀と19世紀の諸科学における文化的自明概念の変遷
著作者等 Lepenies, Wolf
山村 直資
レペニース ヴォルフ
書名ヨミ シゼンシ ノ シュウエン
書名別名 Das Ende der Naturgeschichte
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 392
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.12
ページ数 269, 69p
大きさ 20cm
ISBN 4588003925
NCID BN08487265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93028645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想