連句入門 : 蕉風俳諧の構造

安東次男 著

発句以下長・短句(575・77)を交互に連ねて36句で巻き終える歌仙こそ、蕉風俳諧の核心をなすものである。永年『芭蕉七部集』に親炙し、連句の実作をも重ねてきた著者が、「冬の日」「猿蓑」「炭俵」の世に言う蕉風三変の代表歌仙を素材に、詩心と詩心が切り結ぶドラマの場としての連句の興趣を再現する。絶妙の挨拶・会釈・笑いに充ちたスリリングな知的ゲームの醍醐味を伝える、安東芭蕉学の会心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 連句作法
  • 恋は歌仙の花
  • 後の月の恋
  • 夕顔の恋余聞
  • 連句の興の起るとき
  • 深川のあじさい
  • 評釈・はつ雪の巻(『冬の日』)
  • 評釈・夏の月の巻(『猿蓑』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連句入門 : 蕉風俳諧の構造
著作者等 安東 次男
書名ヨミ レンク ニュウモン
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.12
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 4061590545
NCID BN08487232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想