人間にはいくつの真理が必要か

リュディガー・ザフランスキー [著] ; 山本尤, 藤井啓司 訳

ルソー、クライスト、ニーチェが挑んだ真理探求の冒険、ソクラテス、アウグスチヌスに始まる形而上学の真の世界発見の試み、カフカにおける書くことの真理と実生活の真理…。「真理」が空位と化した現代と現代人への卓抜な哲学的省察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絵の中に消える
  • 自我の真理と残余の世界、3たびの対決(ルソー
  • クライスト
  • ニーチェ)
  • 世界を捨てた真理
  • 形而上学あるいは帰郷の試み
  • カフカあるいは異郷にとどまる術
  • 自由についての自由変奏曲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間にはいくつの真理が必要か
著作者等 Safranski, Rüdiger
山本 尤
藤井 啓司
Safranski Rudiger
ザフランスキー リュディガー
書名ヨミ ニンゲン ニワ イクツ ノ シンリ ガ ヒツヨウ カ
書名別名 Wieviel Wahrheit braucht der Mensch?

疎外論から他者論へ

Ningen niwa ikutsu no shinri ga hitsuyo ka
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 394
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.12
ページ数 224p
大きさ 20cm
ISBN 4588003941
NCID BN08476473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93018527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想