ポスト覇権システムと日本の選択

猪口邦子 著

大国による世界支配=覇権システムは終焉を迎えた。では新しい国際秩序はどのような構造になるのか?新世代の国際政治学者が、広い学識と柔軟な思考に基づいて、21世紀へのパラダイム・シフトと日本の行くべき道を世に問う力作論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国際構造をめぐる巨視的視座(世紀末から新世紀へ-社会ゲームの変遷と文明的価値の選択
  • 覇権の循環とパックス・アメリカーナのゆくえ
  • ポスト覇権システムの構造論)
  • 2 新パラダイムへの日本の条件(アメニティーを忘れた繁栄
  • 差異化志向の拡大中流社会
  • 理屈っぽさのすすめ-なぜ日本はたたかれやすいか
  • 日本社会のパラダイム・シフト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト覇権システムと日本の選択
著作者等 猪口 邦子
書名ヨミ ポスト ハケン システム ト ニホン ノ センタク
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.2
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 4480025995
NCID BN08470284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想