錬金術 : 宇宙論的生の哲学

沢井繁男 著

認識の1つの型としての錬金術-。それは、地中海的な知であり、コスモロジー、象徴性、一元性を秘めた有機的汎生命論的な営為であった。近代知を脱構築する可能性をそのなかに探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 錬金術の意味(錬金術の起源
  • 「黒い土地の技」
  • 錬金術の思想文化史的位置
  • 錬金術の原理)
  • 第2章 象徴と作業(さまざまな象徴
  • 大いなる作業)
  • 第3章 完全なる生(自然と病気
  • 錬金術的医学
  • 自然の営み
  • 薔薇十字団)
  • 第4章 中世・ルネサンスの土壌で(救済の風景
  • ダンテとカンパネッラ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 錬金術 : 宇宙論的生の哲学
著作者等 沢井 繁男
書名ヨミ レンキンジュツ
書名別名 Renkinjutsu
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1992.12
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4061491288
NCID BN08465499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93017408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想