思想の冬の時代に : <東欧>、<湾岸>そして民主主義

海老坂武 著

フランス革命の評価、アラブ人移民問題、東欧の体制崩壊、そして湾岸戦争、これらフランス論壇を賑わした世界の激動をめぐる議論を追いながら、著者の思考は人類の共生を希求する<ユートピア民主主義>へと導かれていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世紀末への序曲-フランス革命二百年
  • 第2章 「イスラムのヴェール事件」の波紋-共和制の原理と移民の統合
  • 第3章 <社会主義>体制崩壊の中で
  • 第4章 湾岸戦争日録
  • 第5章 いま、民主主義をどう考えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想の冬の時代に : <東欧>、<湾岸>そして民主主義
著作者等 海老坂 武
書名ヨミ シソウ ノ フユ ノ ジダイ ニ
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.12
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 4000026968
NCID BN08462821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93027155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想