昭和天皇の終戦史

吉田裕 著

戦争責任ははたして軍部だけにあったのか?天皇と側近たちの「国体護持」のシナリオとは何であったか?近年、社会的反響を呼んだ「昭和天皇独白録」を徹底的に検証し、また東京裁判・国際検察局の尋問調書など膨大な史料を調査・検討した著者は、水面下で錯綜しつつ展開された。終戦工作の全容を初めて浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

戦争責任ははたして軍部だけにあったのか?天皇と側近たちの「国体護持」のシナリオとは何であったか?近年、社会的反響を呼んだ「昭和天皇独白録」を徹底的に検証し、また東京裁判・国際検察局の尋問調書など膨大な史料を調査・検討した著者は、水面下で錯綜しつつ展開された、終戦工作の全容を初めて浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「天皇独白録」とは何か
  • 1 太平洋戦争時の宮中グループ
  • 2 近衛の戦後構想
  • 3 宮中の対GHQ工作
  • 4 「天皇独白録」の成立事情
  • 5 天皇は何を語ったか
  • 6 東京裁判尋問調書を読む
  • 7 行動原理としての「国体護持」
  • 結 再び戦争責任を考える

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「天皇独白録」とは何か
  • 1 太平洋戦争時の宮中グループ
  • 2 近衛の戦後構想
  • 3 宮中の対GHQ工作
  • 4 「天皇独白録」の成立事情
  • 5 天皇は何を語ったか
  • 6 東京裁判尋問調書を読む
  • 7 行動原理としての「国体護持」
  • 結 再び戦争責任を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇の終戦史
著作者等 吉田 裕
書名ヨミ ショウワ テンノウ ノ シュウセンシ
書名別名 Showa tenno no shusenshi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.1
ページ数 246, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4004302579
NCID BN08459521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93027069
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想