「死の跳躍」を越えて : 西洋の衝撃と日本

佐藤誠三郎 著

日本は先進工業国の一員か、アジアの一員か。政治システムが停滞し大きな政治課題を解決できない現在の状況は、幕末の日本と意外なほど似ている。不透明な現代にこそ読まれるべき価値のある一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 西洋文明の衝撃(幕末・明治初期における対外意識の諸類型
  • 近代化への分岐-李朝朝鮮と徳川日本
  • 幕末における政治的対立の特質)
  • 第2部 危機のリーダーシップ(川路聖謨
  • 大久保利通
  • 岩倉具視)
  • 第3部 近代化日本と国際関係(協調と自立との間
  • 日米関係・その30年代と70年代)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「死の跳躍」を越えて : 西洋の衝撃と日本
著作者等 佐藤 誠三郎
書名ヨミ シ ノ チョウヤク オ コエテ
書名別名 Shi no choyaku o koete
出版元 都市
刊行年月 1993.6
ページ数 366p
大きさ 22cm
ISBN 4924831026
NCID BN08451406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93054633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想