眺める文化と曝される文化

新藤謙 著

わび、さび、みやび…。日本人の伝統的美意識とされて来たこれらは四季の移ろいを眺める側のそれであり、農民など風雪に曝される側のものではない。曝される側に立って日本文化を見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 眺める文化と曝される文化
  • 飢餓の民と思想-安藤昌益と宮沢賢治
  • 反逆する百姓-青年・渋谷定輔
  • 吉野せいにおける人間の研究
  • 民衆の情念の底へ-秋元松代論
  • 在所感覚と生活意識
  • 方言詩について
  • 日本人と歌謡曲
  • なぜ「機を織る」のか-前田俊彦小論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眺める文化と曝される文化
著作者等 新藤 謙
書名ヨミ ナガメル ブンカ ト サラサレル ブンカ
出版元 朝文社
刊行年月 1993.1
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 4886950817
NCID BN08440217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93057162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想