日本の食文化と外食産業

外食産業総合調査研究センター 編

日本の食文化の流れ、日本人のライフスタイルの変化、外食産業の成長の軌跡と当面する経営課題などについて、その方面の第一人者が多面的に論じた、掛値なしに面白い、示唆に富む座談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 食文化の流れと外食(ぜいたくの日常化が新しい食文化を生む
  • 高級レストランが意外に本当のサービスを忘れている
  • マーケティングが必要なこれからの外食経営
  • 現代の食文化点描 ほか)
  • 変化する食のライフスタイル(江戸の屋台が現代の外食産業に発展
  • 決まった材料、時間、場所というワンパターンの食生活からの脱却
  • デイリー、惣菜の普及がライフスタイルをどんどん変えつつある
  • ローカルマーケティングの時代が到来!? ほか)
  • 外食の成長と当面する経営課題(外食産業の先兵はファミリーレストラン
  • すかいらーく、チェーン化へのステップ
  • 商品開発とは、今までにないものをつくるのではない!!
  • 外食産業の今後の方向と課題 ほか)
  • 外食産業の歩み(年表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食文化と外食産業
著作者等 外食産業総合調査研究センター
書名ヨミ ニホン ノ ショクブンカ ト ガイショク サンギョウ
書名別名 Nihon no shokubunka to gaishoku sangyo
出版元 ビジネス社
刊行年月 1992.12
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4828404910
NCID BN08438838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93013558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想