講座日本文化史  第1巻

日本史研究会 編

[目次]

  • 目次
  • 刊行のことば
  • 序章 時代区分と文化の特質
  • 1 時代の諸相 / p3
  • 文化の再発見
  • 生産と文化
  • 2 文化の曙光 / p14
  • 文化の始源
  • 原始文化の発展
  • 3 文化の革新 / p22
  • 水稲農法と金属器
  • 国家と階級
  • 内乱期の文化
  • 第一章 文化の黎明
  • 1 日本原始文化の特質 / p39
  • 日本の始源文化
  • 狩猟・漁撈・採集
  • 原始集落の展開
  • 変革の諸条件
  • 原始社会のイデオロギー
  • 2 農耕文化の成立 / p61
  • 朝鮮半島の状勢
  • 北九州と畿内
  • 銅剣・銅矛と銅鐸
  • 東日本の弥生文化
  • 弥生文化の性格
  • 3 古代文明の諸条件 / p80
  • 農耕村落の発展
  • 協業と分業
  • 石器の消滅
  • 信仰と祭祀の変質
  • 第二章 政治と呪術
  • 1 女王の世界 / p97
  • 倭人の国
  • 奴国の性格
  • 倭国の動乱
  • 女王の政治
  • 女王と男弟
  • 2 呪法の発展 / p121
  • 葬制の変化
  • 殯の儀礼
  • 持衰の存在
  • 祭事と饗宴
  • 3 古墳文化の形成 / p140
  • 古墳の出現
  • 初期の古墳
  • 鏡の問題
  • 文化の階級性
  • 第三章 古墳文化の創造
  • 1 王権と儀礼 / p167
  • ひつぎの成立
  • 司祭者と神
  • 神と社
  • まつりと芸能
  • 儀礼の展開
  • 2 古墳文化の展開 / p192
  • 古墳の政治的性格
  • 部民制の基礎
  • 古墳と祭祀
  • 3 古墳文化の矛盾 / p212
  • 発展のピーク
  • あたらしい副葬品
  • 変革のきざし
  • 第四章 古代文化の変革
  • 1 技術人集団の形成 / p233
  • 生産と暦
  • 生産技術の発展
  • 神観念の変貌
  • 宮廷祭祀の確立
  • 2 古墳文化の変容 / p256
  • 古墳の変質
  • 新工芸の展開
  • 群集墳
  • 3 神話と新文化 / p276
  • 記紀神話の前提
  • 内乱の意義
  • 儒仏の伝来
  • あとがき / p301

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 講座日本文化史
著作者等 日本史研究会
日本史研究会 (1945年)
書名ヨミ コウザ ニホン ブンカシ
書名別名 始原-六世紀中葉

Koza nihon bunkashi
巻冊次 第1巻
出版元 三一書房
刊行年月 1961
ページ数 303p 図版
大きさ 20cm
NCID BN08437074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50003670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
始原-六世紀中葉 上田正昭, 田辺昭三, 藤沢長治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想