古代ギリシアの女たち : アテナイの現実と夢

桜井万里子 著

紀元前5、4世紀、アテナイはスパルタと並ぶギリシア最強の国力を誇る繁栄のポリスであった。その文化遺産は、今日にいたるまで多大な影響をもっている。しかし、このアテナイは徹底した男社会であり、女が自らを書き記した史料は皆無に等しい。本書は、繁栄の陰に隠され、社会的な自由を奪われて、抑圧の生涯を強いられたとされる女たちの誕生・結婚・姦通などのさまざまな事件を照射、検証し、実態とその社会を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女の地位について
  • 2 選ばれた少女たち
  • 3 女から妻へ
  • 4 結婚
  • 5 家付き娘の結婚
  • 6 離婚
  • 7 妻たちの生活
  • 8 女たちの社会参加
  • 9 非市民の女たち
  • 10 女のネットワーク、女の文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ギリシアの女たち : アテナイの現実と夢
著作者等 桜井 万里子
書名ヨミ コダイ ギリシア ノ オンナタチ
書名別名 Kodai girishia no onnatachi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.12
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4121011090
NCID BN08434633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93024231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想