中世の村と流通

石井進 編

中世後期、人や物資の往来が盛んになり、人々が暮らしの中で感じる世界は広がっていった。村人たちは多様な情報や物品を受け入れるとともに、村の内側にも目を向け、連帯と自治の意識が芽生えてきた。それらの具体像を多面的に描く最新の研究成果九論文よりなる。また中世史研究の現状をみつめ今後を展望する網野善彦氏と編者との対談を巻頭に収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世史の現在
  • 1 村落と権力(近江における戦国大名権力と村落
  • 但馬山名氏と垣屋・太田垣両守護代家
  • 東大寺領伊賀国黒田庄の成立事情)
  • 2 道と流通(中世後期の山陽道
  • 西と東の永楽銭
  • 港津における「問」の終焉)
  • 3 村のこころ(神と人との間にて
  • 泉州惣墓めぐり
  • 中世後期の作職売買に関する一考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の村と流通
著作者等 中島 圭一
宇佐見 隆之
宮島 敬一
宿南 保
榎原 雅治
犬飼 智
石井 進
神田 千里
網野 善彦
金子 哲
高田 陽介
書名ヨミ チュウセイ ノ ムラ ト リュウツウ
書名別名 Chusei no mura to ryutsu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.12
ページ数 338p
大きさ 22cm
ISBN 4642026436
NCID BN08414975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93015818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想