輪廻転生とカルマ

ルドルフ・シュタイナー 著 ; 西川隆範 訳

極めて複雑で錯綜した《輪廻転生》と《カルマ》の問題を巡る、著書の数多い講演の中から、人類の霊的指導者たちの間で、再受肉に際してエーテル体やアストラル体のいかなる譲渡が行われたかを《霊的経済》の名の下に説き明かした「霊的経済の原理」と関連三講演、そして人智学の霊統を精神史上の諸人物とのカルマ的関連において、また19世紀における「天上の」人智学運動と今日の運動との関連において語った「人智学運動のカルマ」を収録した、人智学のこの最も謎めいた問題へのひとつの道標。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 霊的経済の原理
  • 人類の進化のなかのキリスト教
  • 大宇宙の火と小宇宙の火
  • ゴルゴタの秘跡-聖杯の兄弟団
  • アルファの神とオメガの神
  • 仏陀からキリストへ
  • ゴルゴタの秘跡の3つの前段階
  • 3重の太陽と復活したキリスト
  • キリストの再来
  • 人智学運動のカルマ「1」
  • 人智学運動のカルマ「2」
  • 人智学運動のカルマ「3」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 輪廻転生とカルマ
著作者等 Steiner, Rudolf
西川 隆範
シュタイナー ルドルフ
書名ヨミ リンネ テンショウ ト カルマ
シリーズ名 ロサ・ミスティカ叢書
出版元 風の薔薇
刊行年月 1988.12
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4891762217
NCID BN03373666
BN0841459X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89015116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想