集団犯罪の捜査に関する実証的考察

[目次]

  • 集団犯罪の搜査に関する実証的考察
  • 目次
  • 第一 序章 集団犯罪の類型 / 1
  • 一、 問題の所在 / 1
  • 二、 靜的集団犯罪と動的集団犯罪 / 2
  • 第二 考察対象の事件の槪要 / 3
  • 一、 尼崎守部々落の集団酒稅法違反事件の槪要 / 3
  • A、 検挙前の狀況 / 3
  • B、 検挙狀況 / 4
  • C、 検挙より起訴まで / 6
  • 二、 神戶朝鮮人騷擾事件の槪要 / 6
  • A、 事件前の朝鮮人の動向 / 6
  • B、 騷擾の原因となつた事件 / 8
  • C、 騷擾事件 / 10
  • 第三 事前準備 / 13
  • 一、 平素の訓練 / 13
  • 二、 周到な計画 / 14
  • 第四 検挙 / 16
  • 一、 検察官指揮の原則 / 16
  • 二、 検挙着手の時期 / 17
  • 三、 検挙の方法 / 18
  • 四、 スモールフライの問題 / 21
  • 五、 身柄の処置 / 22
  • 第五 証拠蒐集 / 24
  • 一、 靜的集団犯罪の場合 / 24
  • 二、 動的集団犯罪の場合 / 25
  • A、 証言の確保 / 25
  • B、 現場写眞 / 26
  • C、 証拠物の押收 / 27
  • 第六 背後関係の追及 / 28
  • 一、 神戶事件の背後関係の追及 / 28
  • 二、 默秘権行使に対する考察 / 34
  • 第七 秘密保持 / 36
  • 一、 検挙企図の秘匿 / 36
  • 二、 捜査の秘密保持 / 38
  • 第八 警備活動との調整 / 39
  • 一、 犯罪予防及び不拡大鎭圧主義 / 39
  • 二、 警備情報に関する若干の問題 / 39
  • 三、 検察官の役割 / 43
  • 第九 司法警察職員の指導 / 44
  • 一、 検挙要員の指導 / 44
  • 二、 取調要員の指導 / 51
  • 三、 検挙隊の指導 / 54
  • 附錄 尼崎市守部の密造酒部落搜查に関する覚書 / 56

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 集団犯罪の捜査に関する実証的考察
著作者等 検察研究所
書名ヨミ シュウダン ハンザイ ノ ソウサ ニ カンスル ジッショウテキ コウサツ
シリーズ名 検察研究所特別資料 ; 第1号
出版元 検察研究所
刊行年月 1951.5
ページ数 82p
大きさ 21cm
NCID BN08407696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83051038
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想