トポバイオロジー : 分子発生学序説

ジェラルド・M.エーデルマン 著 ; 神沼二真 訳

「トポバイオロジー」とは「場所の生物学」という意味である。今日の生物学最大の未解決問題は形の生成と進化および行動の基礎であるが、ノーベル賞分子生物学者エーデルマンは、場所に依存した分子の相互作用の研究すなわちトポバイオロジーによって解決できると説く。発生学、進化生態学、行動学の幅広い事実をレビューし、理論的仮説を提唱した話題沸騰の挑戦的序論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 場所から生ずる形
  • 第2部 後成説の分子メカニズム
  • 第3部 形態調節子仮説-発生遺伝学と関連したメカノケミストリー
  • 第4部 発生と行動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トポバイオロジー : 分子発生学序説
著作者等 Edelman, Gerald M
神沼 二真
エーデルマン ジェラルド・M.
書名ヨミ トポバイオロジー
書名別名 Topobiology
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.10
ページ数 288, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4000057340
NCID BN08396374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93010552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想