ローマ法

ミシェル・ヴィレー 著 ; 田中周友, 赤井節 共訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき / p3
  • 序文 / p9
  • 第一部 ローマ法はどのようにして形成されたか
  • 第一章 法律訴訟手続と最初の裁判方法 / p15
  • 第二章 方式書訴訟手続と訴訟手続の発達 / p28
  • 第三章 法学の誕生 / p42
  • 第二部 ローマ法における諸創造物
  • 第一章 人格の理論 / p59
  • 第二章 法律上の能力 / p69
  • 第三章 物に関する理論 / p77
  • 第四章 物権 / p87
  • 第五章 占有の理論 / p96
  • 第六章 債権の原因 / p105
  • 第七章 契約の一般理論 / p118
  • 結論 / p125
  • 参考文献
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマ法
著作者等 Villey, Michel
田中 周友
赤井 節
ミシェル・ヴィレー
書名ヨミ ローマホウ
書名別名 Romaho
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1955
ページ数 133p
大きさ 19cm
NCID BN08392307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56000526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想